大阪でコンピュータを学ぶなら清風情報工科学院 | 天王寺・阿倍野の専門学校【WEB・デザイン・ゲーム・ITを学ぶ】

清風情報工科学院 デザイン・コンピュータ学科 >  校長・理事長あいさつ

理事長・校長あいさつ

理事長あいさつ

平岡龍人写真

目標を明確化し、愉快に楽しく努力して、安心、信頼、尊敬される人物になる。

理事長・文学博士、平岡龍人

高度にIT化された社会は、あらゆる情報を瞬時に世界中に拡げ、さまざまな分野で比較競争が世界規模で起こっています。イチローや松井、朝青龍の活躍、トヨタやデル、マイクロソフト等がそのことを証明しています。このような社会ではしっかりした技術や能力の開発はもちろんのこと、それ以上にしっかりとした生き方を持っていることが重要となります。
本校では技術や能力の開発は勿論、般若心経や祝詞などの教典を通じて生き方を学び、世界に通用する人材の育成を目指しています。それが本校の教育方針である「安心、信頼、尊敬される人物になる」ということですが、そのためには目標を具体的にもって、その実現に向かって愉快に楽しく核心をつかむまで努力し、徳・健・財を身に付けることです。そうすれば世界のどんなところにいっても、どんな企業に参加しても、また自分の企業を起こしても、成功することは間違いありません。本校は、先生と学生が一つになってこれらの目標をめざしている学園です。

校長あいさつ

平岡憲人写真

技におぼれず「人の道」を歩むこと。キミを一流にみがく教育がある。

校長・工学博士、平岡憲人

最初は「好き」で始めた。最初は「すすめられて」始めた。
あなたはどっちですか?私は?
私はどちらでもよいと思います。選んだ「道」をとことん行くこと。これが大切。
そうすると、キミの中に眠っていた「ダイアモンド」が光り始めます。気が付いたら「この仕事が天職」だと思える。周りに助けを求めながら、いい仕事を仕上げる。キミの5年後・10年後は、こうなります。技術だけできる人、それでキミは安心できるか?夢と技と人格がそろった「一流」の人材。「一流」をめざすなら、i-SEIFUで、共にみがこう。

ページトップへもどる